英国映画&TVを紹介しています
by supersonicxxx
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イギリス映画
イギリスTVドラマ
フランス映画
イタリア映画
アメリカ映画
ステージ
映画一般
日本映画
日本TVドラマ
アメリカTVドラマ
UK Rock
日常
お知らせ
タグ
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
more...
ブログパーツ
検索
最新のトラックバック
北村有起哉
from いま話題の検索語とは?
北村有起哉
from いま話題の男性芸能人とは?
ヴァン・ヘルシング
from 話題のエンターテイメント
映画 DVD 気ままなブ..
from 映画 DVD 気ままなブログ
『あの胸にもういちど』~..
from 時代の情景
モイラ・シアラーからマリ..
from 映画と出会う・世界が変わる
Revengers Tr..
from 引き出しの中身
エマニュエル・ベアールの..
from そして人生はつづく。Mais..
荊の城 下巻
from 裏やまねこ日記
心理探偵フィッツ
from ファイティングトップ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
映画
本・読書
画像一覧

タグ:パゾリーニ ( 1 ) タグの人気記事

ベルトルッチの「分身」

ベルトルッチの「分身」みてきました。お話はドストエフスキーの作品をベースにしてるとかなんとかいってますが、いわゆる「不条理な殺人事件」が三回おきるだけで、あとは唐突に芸術論がくりひろげられたり、おきにいりの古典のフレーズがくりかえされるだけという、ある種のアートな作品にありがちなこっぱずかしい展開。ベルトルッチ先生の作品なのにこれまで劇場公開されなかったことがおおいにうなずけます。はずかしいけどあとからふりかえるといいところもあるんだよね、という卒業制作みたいな作品です。

ピエール・クレマンティが好きなので、彼の主演作の一本としてみにいったのですが、みはじめたらパゾリーニの映画やゴダールの映画と似ているので、おおそうだった、同時代人だし、そもそもお仲間(ベルトルッチはパゾリーニの助監督をつとめました。作家だったパゾリーニに映画のいろはを教えたのは彼ともいわれています)だったよね、とちがう方向で感激してみてしまい、あまり純粋にたのしめませんでした。

ほこりっぽいローマはパゾリーニのテオレマや豚小屋を彷彿とさせ、パゾリーニの重要な役者であるニネット・ダヴォリが本名ででてきてびっくり。ベルトルッチが映画をとるってよ、というのでかけつけたスタッフや役者がよってたかってたのしくつくりあげた結果、やっちゃった感あふれる映画ができちゃった、ってとこなんでしょうか。ふつうの映画としてはだめでしょうが、シネフィルには相互の影響なんかがわかって、ちょっとたまらない映画になっています。フランスとイタリアの監督たちがとったオムニバス映画が何本かあるのですが、それらを彷彿とさせます(「ロゴパグ」「愛と怒り」など)。

クレマンティ好きとしては、「昼顔」(ブニュエル)の暴漢と「豚小屋」(パゾリーニ)の食人鬼のあいだのミッシングリンクがようやくみつかったよろこびをたっぷりと味わうことができました。ぱっとしない主人公の「理想の自分」が昼顔の暴漢風なのがたまらんかったです。前髪をぴっちりなでつけるととたんにさえなくなる、という究極の変身ぶりにもなけました。ボーダーシャツ姿がかわいかったです。このあと「暗殺の森」の変態さん、「スウィート・ムービー」の水兵さん、とランクアップしていくわけなんですが、奇行で逮捕されたエピソードなども思いおこされ、クレマンティ鑑賞ムービーとしては極上の一本です。

ところで。ベルトルッチ監督は「ひきこもる」というシチュエーションが好きなんだな、と思ったり。イタリアの古い建物、暗い本だらけの部屋。外の世界に背をむけるように「自分の分身」ととじこもり、なんらかの刺戟に溺れ、やがて決別する、っていうパターン。そういえば、最新作も「義姉」ととじこもるはなしですね。
[PR]
by supersonicxxx | 2013-04-07 01:00 | イタリア映画