英国映画&TVを紹介しています
by supersonicxxx
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イギリス映画
イギリスTVドラマ
フランス映画
イタリア映画
アメリカ映画
ステージ
映画一般
日本映画
日本TVドラマ
アメリカTVドラマ
UK Rock
日常
お知らせ
タグ
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
more...
ブログパーツ
検索
最新のトラックバック
北村有起哉
from いま話題の検索語とは?
北村有起哉
from いま話題の男性芸能人とは?
ヴァン・ヘルシング
from 話題のエンターテイメント
映画 DVD 気ままなブ..
from 映画 DVD 気ままなブログ
『あの胸にもういちど』~..
from 時代の情景
モイラ・シアラーからマリ..
from 映画と出会う・世界が変わる
Revengers Tr..
from 引き出しの中身
エマニュエル・ベアールの..
from そして人生はつづく。Mais..
荊の城 下巻
from 裏やまねこ日記
心理探偵フィッツ
from ファイティングトップ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
映画
本・読書
画像一覧

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベルイマン死去

30日、イングマール・ベルイマン監督が亡くなったそうです。大好きな監督だったので、100まで生きてドロドロした映画を撮っていただきたかったなあ。プロテスタント的な静謐で厳格な世界観と、相反する業の深い人間の欲望を描いてならぶもののない、北欧の作家的な監督でした(脚本も書くしね)。

人間、いくつになっても迷い続けているということを、晩年は身をもって示していたような。90年代には舞台演出家としても来日しました。ペーター・ストルマーレ主演の刺激的な疾走する「ハムレット」は、いまでも私のなかでベスト・ハムレットです。スウェーデン語だということを忘れるほどおもしろい舞台でした。つづいて来日したといにはうってかわって静謐な舞台「サド公爵夫人」。

日本で発売されたDVDは全部もっているほど好きな監督で、まだDVD化されていない脚本だけの作品、少年時代の思い出を描いた「日曜日のピュ」は傑作です。どこでもいいからDVDにしてくださいませ。この映画によれば、日曜日に生まれたこどもは霊感が強いそうですよ。私も日曜日に生まれたのですが、さて。
[PR]
by supersonicxxx | 2007-07-30 22:22 | 映画一般

マクベス巡査(1995年)

八月、ついにロバート・カーライル演じるローカル色ゆたかな傑作ドラマ、「マクベス巡査」が日本版DVDBOXに!

狂喜乱舞、密林で即予約したまではいいのですが、おっと、やっぱり#4の「ウエスト・コースト・ストーリー」は収録されず。これって、結局著作権関係がクリアできず、アメリカでもイギリスでも、ビデオ発売禁止なんですよね。オンエアのみ許可。日本でも状況はおなじで、ミステリチャンネルでのオンエアは許可されてるけど、四話のみ、ビデオ化不可でした。

どんな内容かっていうと、スコットランドのロックドウ村の面々が、村の余興で「ウエスト・サイド・ストーリー」を演じるというもの。演じている役者さんたちがみな藝達者なので、すばらしいミュージカルを劇中でみせてくれるうえ、歌声もしっかり披露。この貴重で、とってもラブリィな一編が収録されないまま、ここにいたっているのです。

今回のDVDは全十八話をうたってますが、ややこしいことに、本国のデータは全二十話です。ぬけているのは第4話だけなんですけど、最後の19と20話がつづきものなので、日本ではこれを「18話(4がぬけているから)」と称しているようです。ややこしいんですよ、なかなか。
[PR]
by supersonicxxx | 2007-07-08 01:44 | イギリスTVドラマ

HOUSE

どひゃ~。友人のうちに遊びにいったらFOXのチャンネルがつけっぱなしになってて、なに、また「24」でもみてんの、なんてはなしてたら、いきなり医療ドラマがはじまって……。ぼんやりみてたら、主役がとにかく口が悪いし、なんか医療ものなのにプロファイラーみたいだし、なにやらアンフェタミン中毒だし、人間関係どろどろしてるし、セリフが毒があってすっげーおもしろい。なんだこりゃ、んでもって、この主役のオヤジ……どこかでみたことが……。

げっ、ヒュー・ローリー

まあ、ヒューといえば私にとっては某おヒューさんではなくて、こっちなわけなんですよ。最近やたらアメリカで仕事してるってことと、すごいつまんない映画にでたり、あげくは「フレンズ」のゲストにまで出て、なに? え、でも、なんかエミー賞とったって? は? ってかんじで。医療ドラマでエミー賞とったってきいたときにもコメディだと思ってたわけで、まったくこのごろノーマークだったのですが。

すみません、おもいきり懺悔します。ヒュー・ローリーの魅力がまさか、これほど正当に、しかもなぜかアメリカにおいてこれほど評価されているとは! しかも、こんなおもしろいなんて~。

「~みたい」っていっちゃうのは安易ですが、あえていわせてもらえば、医療版フィッツですね。主役が壊れてるし、まわりの人間関係がこわれてるし。ERの毒々しいパロディみたいなかんじもあるし。「だから病院なんていくな、医者なんてバカなんだから」という、すごい毒を番組全体がなげつけてますよ。「診療なんてさ、結局いじめなんだよ」とか、いっちゃう脚本のセンスがなんともいいかんじです。一応、シリアスな医療もので、主人公はとある診療ミスで天才医師でありながら、足をひきずっているという設定がまたいいかんじ。ときおり、失った筈の足の痛みにのたうつさまが萌えポイントらしいです(なんせ、初見なんで、これ以上は……)。はやく字幕&日本語吹き替え付きでDVD・BOXだしてください~。これからFOX、みますっ!セカンド・シーズン、サード・シーズン、がんがん放映してくださいっ!

House: Season One (3pc) (Ws Sub Ac3 Dol Slim)
(2005/08/30)
売り上げランキング: 3641

[PR]
by supersonicxxx | 2007-07-01 23:58 | アメリカTVドラマ