英国映画&TVを紹介しています
by supersonicxxx
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イギリス映画
イギリスTVドラマ
フランス映画
イタリア映画
アメリカ映画
ステージ
映画一般
日本映画
日本TVドラマ
アメリカTVドラマ
UK Rock
日常
お知らせ
タグ
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
more...
ブログパーツ
検索
最新のトラックバック
北村有起哉
from いま話題の検索語とは?
北村有起哉
from いま話題の男性芸能人とは?
ヴァン・ヘルシング
from 話題のエンターテイメント
映画 DVD 気ままなブ..
from 映画 DVD 気ままなブログ
『あの胸にもういちど』~..
from 時代の情景
モイラ・シアラーからマリ..
from 映画と出会う・世界が変わる
Revengers Tr..
from 引き出しの中身
エマニュエル・ベアールの..
from そして人生はつづく。Mais..
荊の城 下巻
from 裏やまねこ日記
心理探偵フィッツ
from ファイティングトップ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
映画
本・読書
画像一覧

カテゴリ:日常( 17 )

東日本大震災

3月11日の大震災で亡くなられた方々のご冥福と、被災された地域の方々へのお見舞いを申し上げます。また、つづいておきた原発事故で避難生活を余儀なくされている方々へ、心からのお見舞いを申し上げます。

被災の規模が大きすぎ、あまりにも悲しみが大きすぎました。そして、原発のこと……。誰にも正しい答えを出すことのできない、長くつづく危機的状況。そしてぬぐうのことのできない不安。そんななかで、はやくも一月がたとうとしています。

  ***

映画のことを、また書こうかな……。ここ数年、生活がかわり、環境がかわり、以前ほど映画館にいけなくなったということもありますが、でもやはり映画、好きです。しかも、ダウンロード中心にかわりつつあるのに、いまだに好きな映画はDVDやブルーレイにして持っていたいという、因果なパッケージマニア世代。

地震が起きても、津波が来ても、持って逃げられないものばかりが好き。「マニアの受難」(ムーンライダーズ)が耳にいたい日々をすごしています。
[PR]
by supersonicxxx | 2011-04-02 23:01 | 日常

チャールトン・ヘストン追悼

お亡くなりになってしまいましたね、チャールトン・ヘストン。ベン・ハー、エル・シド、そしてモーゼ。史劇大好きなので、はずせない俳優さんでした。全米ライフル協会のことはいろいろいわれたけど、朝日に掲載された川本三郎さんの追悼文がすご~くよかったです。そう、あの映画はチャールトン・ヘストンの俳優としての経歴に敬意がなさすぎると。

なんか、人が亡くなるたびに書き込んでいるので、このブログは「墓碑銘」とつけたほうがいいかもしれませんね。
[PR]
by supersonicxxx | 2008-04-13 21:25 | 日常

謹賀新年

とりあえずブログはやっております。
今年もよろしくお願い申し上げます。

2007年みたものの総括……。

ライブ――椎名林檎ひきいる東京事変のライブハウスツアー。正直いって、ライブハウスといってもZeppTokyo、ハコが大きすぎて背をのばさないとみえなかったんですけど☆ でもたのしかったです。

映画――なんだかんだいってきらびやかで後味よかったから「さくらん」。左團次さんの共演がすばらしくてポイントアップ。

テレビ――べつに今年つくられたものではないけど、Foxでみはじめたので「Dr.House」。おもしろすぎ。はやくDVDにしてください。国内では「風林火山」でしょう。一年間楽しめました。「のだめ」もよかったですね。

歌舞伎――七月の「十二夜」。初演にくらべて成長著しい菊之助くんがすばらしかったから。

バレエ――八月フェリ引退公演。椿姫三幕目、圧巻。フェリにはノイマイヤーの全幕版を日本で踊っていただきたかった。おなじく八月ルグリとモニク・ルディエールのオネーギン最終幕の場面。クランコの振付をこのベテランでみられるなんてラッキー。モニクの演技力はもう月影先生の域に達しておられるのでは。あと、十二月、シルヴィの白鳥第二幕。これは、ひさしぶりにみたシルヴィのクラシックチュチュに悩殺されたというだけだったりして。でもねえ、見取りばっかでしょう。通しがみたいのよ、通しが! というわけで、2008年はパリ・オペラ座バレエ団とパリ国立オペラに散財決定です。とほほ。

アニメ――地獄少女。DVD買っちゃったですよ。あいちゃんかわいい♪

ゲーム――これはみるものではなくてやるもの。「太鼓の達人DS」。ベートーベン交響曲七番を太鼓でたたきまくりました。はやくDS版で第二弾を!

まあ、こんなところでしょうか。本は「犬身」かな。これも意外な読後感のよさでポイントアップ。

今年もみなさまが楽しくいろいろなものを享受できますように!
[PR]
by supersonicxxx | 2008-01-03 01:01 | 日常

イングランド敗退

ひさしぶりに書き込むのがまた追悼、というのもなんなので、フットボールネタで。でも、これも追悼みたいな気分。

イングランド、EURO2008に出られません。うお~。ひきわけていれば出られたのに~。
[PR]
by supersonicxxx | 2007-11-25 02:09 | 日常

それはもはやMacでは

マックの宣伝メールをうけとっています。しかし、昨日きたものには正直まいりました。ビスタにするならMacを買おう、というもの。

別にMacでをビスタをうごかしでもいいけど、それを公式に宣伝にもりこむってなあ……。そんなことやってると、ビスタ+OS10じゃなくて、ビスタ+iTune機になりさがってちゃうよ? iPodが売れているうちに、いつしか器械がうれればそれでいいっていう会社になってしまったのか、と、ちょっとさびしいのでした。

MacのOSのコードネームはドイツ軍戦車の名前を踏襲しているといわれています。現在、その名前はパンサー(パンツァー)。次期OSはレパード(レオパルド)といわれています。レオパルドで現行戦車においついてしまうんだけど、けっこう暗示的。

あ、ぜんぜん映画と関係なくてすみません。
[PR]
by supersonicxxx | 2007-02-23 01:22 | 日常

よいお年を

今年は働き盛りはつらいよっつーか、働かされどおしだったような一年でしたよ。評判になった映画にささっといけないかなしさよ。映画館はさあ、六時とか六時半とか、半端な時間からやるの考えてくんないかな。ま、いいけど。

今年のベストはなんだろう。あまり劇場で映画みていないので異色なとことで「エコール」か? イノセント少女養成機関としてのエコール、やはりツボでした。ビアンカ嬢、なんてかわいらしい。すでに少女向け制服が似合わなくなって、ひょろ長い脚がにょきっとでているところがなんとも……。DVDにはぜひビアンカ嬢フィギュアをつけて下さい(嘘)。

ちっともサイトが更新できませんでしたが、まあ、ぼちぼちやってます。来年はもっと映画がみたいな。歌舞伎とバレエはかなり今年もみたのですが……。

ゆうべ、テレビでやってた「ピンポン」を観ましたよ。「ピンポン」とか、「ロボコン」とか、そこそこ面白いし、キャストもがんばっているけど、なんか、展開がにているよね。勝負ものだから?
[PR]
by supersonicxxx | 2006-12-31 00:22 | 日常

カリソメ乙女

椎名林檎新曲ですよ、うるうる。「真夜中は純潔」みたいなジャズバージョン。映画「さくらん」の宣伝用なので配信オンリーなんですけど、これはかっこよい。花魁と林檎ちゃんねえ、はまりすぎててこわいです。「大奥」のテーマソングもわるかなかったですけど、これをきくと、やはり林檎名義のほうが断然よいとしかいえないじゃないですか。ヘビイローテーション決定です。あと、ジャミロのベストもかわなきゃな~。Oasisベストは、ジャケットがかわいい。

林檎ちゃん、音楽監督以外にも、刺し殺される花魁とかででないんでしょうか。

映画としてはどうなるかまったくわかりませんけど、原作の「さくらん」は面白いですよ。花魁、かなり純情です。私はバカ旦那になって花魁から「待って、帰らないで」なんていわれてみたいです(←わけわからん)。いいよなあ、花のお江戸のバカ旦那。
[PR]
by supersonicxxx | 2006-11-14 02:50 | 日常

みたい映画

ひどい風邪をひきました。げぼげぼ。ようやく治りましたが、映画館はまだあぶないのでやめときます。しくしく。

みたい映画がたまっています。ベルイマンが久々にとった「サラバンド」。作風がちっとも枯れてなさそうなのが流石です。延々と映し出される元夫婦の「夫婦喧嘩」、その歳でまだそういうのとりますかってかんじですね。私は好きですが。

アニエスbショップで悩殺された「エコール」も楽しみです。X脚ぎみな女の子の後ろ姿のポスターがかわいい。新宿店でみかけた陽月さんの宣伝用創作人形もかわいくてかわいくて……。写真集も買ってしまいました。ところで、これって原作が「サスペリア」と同じだっていうのだけれど、ううん? たしかにバレエ学校ではあったけれど。

NHKの「魂萌え!」がすばらしくおもしろかったです。高畑淳子さんと高橋恵子さんのバトルがよかった~。本妻と愛人、どちらがどちらをやってもOKな巧さ、美しさが最高でした。争っていても、互いの立場にみずからをおいてみる冷静さがあって、ともにあわれでせつなかったです。人生経験豊富な五十代なかばという設定だからこそで、こういう大人のドラマが日本でもできたんだって、ちょっと感動。後味もよいです。桐野さんの小説で、この明るさは希有のものですね。現在連載中の「メタボラ」、息苦しい、でもやめられないおもしろさです。沖縄ではじまったときには、主役も男の子だし、明るいのかと思ったのですが……。
[PR]
by supersonicxxx | 2006-11-05 01:03 | 日常

イタリア優勝

あ~、しかも授与式にもでてこない。
ジダンがいなくなっちゃったよ~。
[PR]
by supersonicxxx | 2006-07-10 06:00 | 日常

頭突き

ジダン、やっちゃったよ~。
決勝戦で頭突きですか~。(八年前の「踏んづけ」よりマシとはいえ)
[PR]
by supersonicxxx | 2006-07-10 05:34 | 日常