英国映画&TVを紹介しています
by supersonicxxx
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イギリス映画
イギリスTVドラマ
フランス映画
イタリア映画
アメリカ映画
ステージ
映画一般
日本映画
日本TVドラマ
アメリカTVドラマ
UK Rock
日常
お知らせ
タグ
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
more...
ブログパーツ
検索
最新のトラックバック
北村有起哉
from いま話題の検索語とは?
北村有起哉
from いま話題の男性芸能人とは?
ヴァン・ヘルシング
from 話題のエンターテイメント
映画 DVD 気ままなブ..
from 映画 DVD 気ままなブログ
『あの胸にもういちど』~..
from 時代の情景
モイラ・シアラーからマリ..
from 映画と出会う・世界が変わる
Revengers Tr..
from 引き出しの中身
エマニュエル・ベアールの..
from そして人生はつづく。Mais..
荊の城 下巻
from 裏やまねこ日記
心理探偵フィッツ
from ファイティングトップ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
映画
本・読書
画像一覧

ベルトルッチの「分身」

ベルトルッチの「分身」みてきました。お話はドストエフスキーの作品をベースにしてるとかなんとかいってますが、いわゆる「不条理な殺人事件」が三回おきるだけで、あとは唐突に芸術論がくりひろげられたり、おきにいりの古典のフレーズがくりかえされるだけという、ある種のアートな作品にありがちなこっぱずかしい展開。ベルトルッチ先生の作品なのにこれまで劇場公開されなかったことがおおいにうなずけます。はずかしいけどあとからふりかえるといいところもあるんだよね、という卒業制作みたいな作品です。

ピエール・クレマンティが好きなので、彼の主演作の一本としてみにいったのですが、みはじめたらパゾリーニの映画やゴダールの映画と似ているので、おおそうだった、同時代人だし、そもそもお仲間(ベルトルッチはパゾリーニの助監督をつとめました。作家だったパゾリーニに映画のいろはを教えたのは彼ともいわれています)だったよね、とちがう方向で感激してみてしまい、あまり純粋にたのしめませんでした。

ほこりっぽいローマはパゾリーニのテオレマや豚小屋を彷彿とさせ、パゾリーニの重要な役者であるニネット・ダヴォリが本名ででてきてびっくり。ベルトルッチが映画をとるってよ、というのでかけつけたスタッフや役者がよってたかってたのしくつくりあげた結果、やっちゃった感あふれる映画ができちゃった、ってとこなんでしょうか。ふつうの映画としてはだめでしょうが、シネフィルには相互の影響なんかがわかって、ちょっとたまらない映画になっています。フランスとイタリアの監督たちがとったオムニバス映画が何本かあるのですが、それらを彷彿とさせます(「ロゴパグ」「愛と怒り」など)。

クレマンティ好きとしては、「昼顔」(ブニュエル)の暴漢と「豚小屋」(パゾリーニ)の食人鬼のあいだのミッシングリンクがようやくみつかったよろこびをたっぷりと味わうことができました。ぱっとしない主人公の「理想の自分」が昼顔の暴漢風なのがたまらんかったです。前髪をぴっちりなでつけるととたんにさえなくなる、という究極の変身ぶりにもなけました。ボーダーシャツ姿がかわいかったです。このあと「暗殺の森」の変態さん、「スウィート・ムービー」の水兵さん、とランクアップしていくわけなんですが、奇行で逮捕されたエピソードなども思いおこされ、クレマンティ鑑賞ムービーとしては極上の一本です。

ところで。ベルトルッチ監督は「ひきこもる」というシチュエーションが好きなんだな、と思ったり。イタリアの古い建物、暗い本だらけの部屋。外の世界に背をむけるように「自分の分身」ととじこもり、なんらかの刺戟に溺れ、やがて決別する、っていうパターン。そういえば、最新作も「義姉」ととじこもるはなしですね。
[PR]
# by supersonicxxx | 2013-04-07 01:00 | イタリア映画

ピエール・クレマンティ「分身」日本初の劇場公開

サイトのほう、すっかりほったらかしてしまいました。放置すること数年。いまだに運営をつづけていてくださるBIGLOBEさんは偉大だと思います。さすがに、ジオにおいていたコンテンツなどはリンク切れおこしてますが、おおめにみてやってください。

なんか久しぶりに更新したのはピエール・クレマンティ氏のおかげです。1968年に公開された主演映画が「ベルトルッチの分身」として2013年日本初の劇場公開! 生きているといろいろなことがあるものですね。ベルトルッチの長編監督デビュー50周年企画だそうです。ありがとう、ベルトルッチ! ありがとう、イメージフォーラム!

そしてベルトルッチ監督作、新作「孤独な天使たち」も近日公開されます。監督お元気を回復されたのですねえ。「魅せられて」とか、「ドリーマーズ」は少年少女への愛にみちあふれすぎていて、なんだか死期をさとった人のようだと不安になったんですが、みごとに復活、うれしいかぎりです。ボーダーシャツの巻き毛の黒髪少年のスチールがパゾリーニの映画のようで、なんだかうれしいです。ついでにDVD化がのびのびだった「ルナ」の発売も決まったようで、こちらも祝杯をあげなければいけませんね! 予約予約!
[PR]
# by supersonicxxx | 2013-03-10 01:48 | イタリア映画

コンバット! DVDが発売!

この日をどれほどまちわびたことでしょう。私のオーディオヴィジュアル機器の遍歴は、「コンバット!」録画とともにあったといっても過言ではないでしょう。

再放送のたびに録画をし、スカパー!にはいったのも「コンバット!」がみたいからでした。これまでコンバットはBOXが何種類かでていますが、すべて勝手に日本側でセレクトしたものでした。全152話がはいったパッケージは今回がはじめてです。どんだけまたせるんですか!

BOXが不用意にでかかったりすると、収納場所にこまるという事態が発生しますが、まあ、いいでしょう。価格が妙に高いのも気になりますが、日本語吹き替え版もはいっているから我慢しましょう(予約かポイントで解消しましょう)。

2011年8月上旬発売予定。さあ、こい!
[PR]
# by supersonicxxx | 2011-07-19 01:38 | アメリカTVドラマ

東日本大震災

3月11日の大震災で亡くなられた方々のご冥福と、被災された地域の方々へのお見舞いを申し上げます。また、つづいておきた原発事故で避難生活を余儀なくされている方々へ、心からのお見舞いを申し上げます。

被災の規模が大きすぎ、あまりにも悲しみが大きすぎました。そして、原発のこと……。誰にも正しい答えを出すことのできない、長くつづく危機的状況。そしてぬぐうのことのできない不安。そんななかで、はやくも一月がたとうとしています。

  ***

映画のことを、また書こうかな……。ここ数年、生活がかわり、環境がかわり、以前ほど映画館にいけなくなったということもありますが、でもやはり映画、好きです。しかも、ダウンロード中心にかわりつつあるのに、いまだに好きな映画はDVDやブルーレイにして持っていたいという、因果なパッケージマニア世代。

地震が起きても、津波が来ても、持って逃げられないものばかりが好き。「マニアの受難」(ムーンライダーズ)が耳にいたい日々をすごしています。
[PR]
# by supersonicxxx | 2011-04-02 23:01 | 日常

これは奇跡か

不景気でDVDがあまり売れなくなって久しいそうで、たしかに以前ほど「こ、これは」というタイトルが出なくなりましたね。そんなんで、あまり期待もしなくなって、このところ以前ほどマメにDVDのチェックもしていなかったけれど、こ、これはビッグタイトルです。出たのか、ついにってかんじの作品は……。

「リッピングヤーン」。モンティ・パイソンのマイケル・ペイリン&テリー・ジョーンズの魅力が爆発です。

このシリーズがついに銀盤に! 生きていてよかったなあ。amazonではさっそくプレ値がついてますが、まだまだ市場には出回ってますので、みなさん、冷静に。でもおはやめにお買い求めください。
[PR]
# by supersonicxxx | 2010-01-07 00:06 | イギリスTVドラマ

oasis/ノエル脱退報道

公式サイトにコメントが載ったので、こんどこそ本当みたいですね。ショック~。フジロックに来日したばかりなのに。

ほかのメンバーはリアムの友達みたいなかんじで、ノエルは理解されないのかなあなんてかんじは、以前からしてましたけど。

私はリアムの声とノエルのサウンドが好きなので、もう「終わった」みたいな気分です。しくしく。たとえば、ノエルがひとりでクアトロとかでライブしたとしても、いかないと思う。

ノエルが抜けたバンドで、リアムはDON'T LOOK BACK IN ANGERを歌うことがあるのでしょうか。
[PR]
# by supersonicxxx | 2009-08-31 23:40 | UK Rock

その邦題は

THE IMPORTANCE OF BEING EARNESTが邦題「アーネスト式プロポーズ」……って、なんだかすごいね、と先日話題にしていたのですけれど。だって、この邦題でオスカー・ワイルドはどう考えても思い浮かばないから。いや、「アーネスト」でピンとこないといけないのかなあ。でも実際、DVDの存在に気づいたのは最近。

まあ、こういうのはお笑いネタになるのでいいのですが、まさかの作品にまさかの邦題でおちこむことも。たとえば「ブライズヘッドふたたび」。グラナダテレビ版(超傑作)も「華麗なる貴族」で壮絶でしたが、なんとこんどは「情愛と友情」だって。ああ、気づかなかったし、なんだかどっと疲れが……。脚本家が「高慢と偏見」の人だから? それにしても、日本の映画配給会社は、いったい誰にみてもらいたいんだろう。
[PR]
# by supersonicxxx | 2009-08-16 23:48 | イギリス映画

意志の勝利

今年の夏、「意志の勝利」が劇場公開されるそうです。すごいなー。

かつて見たのはアテネフランセで、これが「意志の勝利」か、と見られたこと自体に感動したのを思い出します。いまではUSでDVDも出たし、見ようとおもえば見られたのだけれど、やはり劇場公開は日本においてエポックメイキングなことです。

「意志の勝利」……、国民社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党大会の記録映画です。篝火をたいて恍惚とした表情で行進をつづける若者たち。プロパガンダ映画の傑作ゆえに、ドイツにおいてはいまなお上映禁止においこまれている作品です。

歴史について、二十世紀について、第二次世界大戦について、ナショナリズムについて、この映画をみてさまざまなことを考えるのはすごくいいことだと思う。そして、この映画があやしい魅力をはなっているからこそ、危険視されてきたのだということも。
[PR]
# by supersonicxxx | 2009-07-25 02:57 | 映画一般

oasis/2008年10月26日ロンドン

おひさしゅうございます。すっかりごぶさたしておりますが、生きております。不況に強い、いえ、むしろ不況時に栄えるのが英国の文化であります。今年はがんばります。

久々にoasisのライブをみました。といってもロンドンに行ってきたわけではなく、NHKハイビジョンで放映されたBBCライブをみただけですけれど。しかしこれが、ひさしぶりにこちらのブログに書き込みたくなるくらい、ショック映像だったのです、自分的に。

まず、リアムの声が、想像以上に壊れていてショックでした。あああ、こんな声に……。神様からの贈り物を壊してしまったのかと……。新譜『ディグ・アウト・ユア・ソウル』がすごいエフェクトかけまくりで、リアムの声がきこえないよう、と思っていたのですが、まあ、これが原因だったわけです。かすれているだけならいいんですが、声量がなくなったというか、後のびがしなくなっていて……。新しい声にあわせた発声法をみにつけていただきたいっ。

ノエルはあまり変わっていないですね。やせてますし。ただ、BBCが録画する日になぜ格子柄のシャツなのか……。アキバ系?

一番ショックだったことは、観客の大多数がハゲはじめているってことです。うーん、あきらかに客が中年になっとる。あうあうあう。

さて、久しぶりに更新させていただきましたが、今年はoasis来日するし。ダニー・ボイルも復活したし。24にロバート・カーライルも出るし、って、ことで、更新していくかと思います! 
[PR]
# by supersonicxxx | 2009-01-18 03:35 | UK Rock

チャールトン・ヘストン追悼

お亡くなりになってしまいましたね、チャールトン・ヘストン。ベン・ハー、エル・シド、そしてモーゼ。史劇大好きなので、はずせない俳優さんでした。全米ライフル協会のことはいろいろいわれたけど、朝日に掲載された川本三郎さんの追悼文がすご~くよかったです。そう、あの映画はチャールトン・ヘストンの俳優としての経歴に敬意がなさすぎると。

なんか、人が亡くなるたびに書き込んでいるので、このブログは「墓碑銘」とつけたほうがいいかもしれませんね。
[PR]
# by supersonicxxx | 2008-04-13 21:25 | 日常